用語集

Dapps【用語解説集】

Dapps(ダップス)とは

DAppsとは
DApps(Decentralized Applications)は、自律分散型アプリケーションのことです。ブロックチェーンを使用し、中央管理者が存在せず、不特定多数のユーザーが自律的に行動した結果、全体のシステムが機能する自律分散型アプリケーションです。Bitcoin(ビットコイン)やEthreum(イーサリアム)などの暗号通貨はDAppsの代表例です。

ブロックチェーン上でソフトウェアを動作させる仕組みである「スマートコントラクト(Smart Contract)」を応用したものであり、現在ではオークションのプラットフォームやゲームなどが開発されています。

Dappsの特徴

  1. アプリケーションはオープンソース(仕組みが一般に公開されている)によって提供され、中央管理者の存在しないブロックチェーン上で参加者の合意によりに関するすべての決定が成されること
  2. ブロックチェーンが使用され、中央管理者は存在せず、デジタル情報が分散して安全に管理・保存されている。
  3. 自由に価値交換を行うことが可能なトークン(token)の発行と、アプリ内にそのトークンの取引ができるシステムを作ることで、自動的にオペレーションが実行される。
  4. ネットワークの健全性の維持に貢献したユーザーへは報酬としてトークンが与えられる。

Dappsでできること

お金の保有記録・送付がトークンの受け渡しで成り立つシステム

DAppsでは、誰がどのくらいの金額を所有しているかを正確に記録したり、正確な送付先を入力することで相手に正確に送金するサービスを提供します。そして、これらのサービスはアプリケーション内部のBitcoin(ビットコイン)などのトークンの受け渡しによって自動的に行われます。

送金手数料とマイナー

相手に送金をする際、利用者が送金手数料を支払い、Bitcoin(ビットコイン)の記録・承認作業(マイニング)に参加しているマイナーが送金手数料を報酬として受け取ります。また、これらの機能を改善して利便性を高めたい場合は、アプリケーションのユーザー同士が納得する解決策を目指した合意形成(コンセンサス)を行うことができます。

これらの仕組みはブロックチェーンによって支えられており、中央管理者は存在せず、複数の人々(ユーザー)がアプリケーションを分散管理することによってシステムの秩序が維持されています。

イーサリアムはDappsの開発プラットフォーム

Ethreum(イーサリアム)は、Bitcoin(ビットコイン)が金融システムを提供したことと同じようにように、金融以外のサービスにもDAppsの利用ができるのではないかという発想のもと、容易にDAppsを開発できるプラットフォームの提供を行っています。

Ethreum(イーサリアム)が提供する開発環境で様々なアイデアをDappsに落とし込むことができ、例えば、仮想空間の土地を売買することで暗号通貨を稼げるゲームや利用していないコンピュータのストレージを個人間で貸し借りできるサービスを提供するDappsなどが開発されています。

DAppsは、仮想空間の所有権や著作権を明確にしたり、シェアリングエコノミーを実現させる仕組みと言えます。